サッカー

晴山 岬選手

Misaki Haruyama
所属・ポジション
FC町田ゼルビア MF
生年月日
2001年6月30日
身長・体重
171cm/62kg

~PLAYERS ALBUM~


 

 

~プレーヤーとしての特徴~


 

帝京長岡高校のエースストライカーとして全国高校サッカー選手権大会では2年連続でハットトリックを達成。細かいタッチのドリブルで狭いエリアでも質の高いプレーを発揮。そこから一瞬のスピードで相手を抜き去り、ゴールへ向かう姿勢は相手の脅威に。冬場は雪の影響で外でプレーできない新潟という土地柄、晴山選手は幼いころから室内でもできるフットサルに親しみ、高校時代にはフットサル全日本U-18フットサル選手権に出場。

フットサルで培ったテクニックにも注目である。

 

代表歴

  • U-18日本代表

2019年 ポルトガル遠征
SBS杯

スペイン遠征

AFC U-19選手権予選

 

 

~アスリートの11 my mind~


 

1.自分の出身地の良いところや思い出の場所

―「長岡まつり大花火大会」

 

毎年楽しみにしていました。

自分の家からも見ることが出来ましたが、みんなと土手に行って見た時間が印象に残っています。

 

 

 

2.どんな子どもだったか?

―「やんちゃ」

 

やんちゃな子どもでした。でも、その時からサッカーだけは飽きずに時間があればずっとやっていましたね。

 

 

 

3.子どもの頃になりたかった職業は?

―「プロサッカー選手」

 

小さい頃からずっと変わらずプロサッカー選手になることだけを考えてサッカーをしていました。

 

 

 

4.今思う、サッカー選手でなかったら、どんな職業についていたか?

―「サッカー選手」

 

サッカー選手以外に考えられません。

 

 

 

5.逆境に陥った時、それを乗り越える方法

―「自信を持つ」

 

改めて自分の力を信じ抜くことや、言葉に出してしっかりと意志を持つようにしています。

 

 

 

6.サッカーをしていて、最高の瞬間は?

―「勝利」

 

今までお世話になった方々や信頼している方々と一緒になってチームの勝利に貢献したり優勝することです。その中でも自分が得点を決めることが出来れば一番最高の瞬間になると思います。

 

 

 

7.サッカー以外で自分の中で大事にしていること

―「ストレスを溜めない」

 

ストレスを溜めないように気分転換をうまくできるような行動を心掛けています。

 

 

 

8.客観的に自分を見た時に、自分はどんな人間だと思うか?

―「意志を持っている」

 

アドバイスは何でも受け入れながらも、自分の意見や意志はしっかりと持っていると思います。

 

 

 

9.大事にしている言葉

―「感謝」

 

常に感謝の気持ちを持って行動するようにしています。

 

 

 

10.子どもたちに伝えたいこと

―「夢を持つ」

 

想いが強ければ強いほど夢は叶うので、諦めずに想い続けて欲しいと思います。

 

 

 

11.UDNでどんな活動をしていきたいか?

―「サッカーの普及」

 

サッカー教室はもちろん、いまサッカーをやっていなかったり、出来ない子どもたちにもサッカーの楽しさを伝えられるような環境づくりをやっていきたいと思います。

 

 

 

仕事の依頼・応援メッセージはコチラから。

※選手名を必ずご記入お願いします。