サッカー

柴崎 岳選手

Gaku Shibasaki
所属・ポジション
CDレガネス MF
生年月日
1992年5月28日
身長・体重
175cm/64kg

~PLAYERS ALBUM~


 

 

 

~プレーヤーとしての特徴~


 

日本が誇る司令塔。中盤で常に首を振り、周囲の状況を把握した上で、最も適したところへパスを通す。ディフェンスラインの裏へのパスも得意とするが、それ以上に出色なのは、相手DFのタイミングを外したFWへのくさびのパス。このくさびのパスで相手の守備陣形を崩して、チャンスを演出する。また、機を見て、自ら狙うミドルシュートも高い精度を誇る。鹿島時代、クラブワールドカップ準決勝レアル・マドリード戦で見せた2ゴールは、世界を驚かせた。スペインへ渡ってからは、守備面でも確かな成長を遂げている。2022年ワールドカップで、日本がまだ経験したことのないところまで辿り着くために。柴崎岳は成長を続ける。

 

 

 

 

代表歴

  • U-17日本代表

2009年 FIFA U-17ワールドカップ

 

  • 日本代表

2015年 AFCアジアカップ(ベスト8)

2015年 FIFAワールドカップ・アジア2次予選

2015年 東アジアカップ(4位)

2017年 FIFAワールドカップ・アジア3次予選

2018年 FIFAワールドカップ(ベスト16)

2019年 AFCアジアカップ(準優勝)

2019年 コパ・アメリカ

国際Aマッチ 45試合/3得点

 

 

~アスリートの11 my mind~


 

1.自分の出身地の良いところや思い出の場所

 

青森は自然が豊かな部分と魚介類が美味しい所

僕は野辺地町愛宕公園の展望台がすきですね。

野辺地町をある程度一望できる景色が見られるので。

 

 

 

2.どんな子どもだったか?

 

サッカー少年でした。

1にも2にも3にもサッカーでしたね。

 

 

 

3.子どもの頃になりたかった職業は?

 

プロサッカー選手。

それ以外はありません。

 

 

 

4.今思う、サッカー選手でなかったら、どんな職業についていたか?

 

想像ができないです、考えた事はありますが何も閃いた事がないですね。

 

 

 

5.逆境に陥った時、それを乗り越える方法

 

あまり逆境を感じた事はないと思います。

あったとしても乗り越える方法は特にないので。次の日に練習をするだけです。

 

 

 

6.サッカーをしていて、最高の瞬間は?

 

タイトルを取った時ですね。

優勝以外は最高の瞬間はないと思います。

 

 

 

7.サッカー以外で自分の中で大事にしていること

 

『家族』

家族を大切にする事、気遣う事です。

 

 

 

8.客観的に自分を見た時に、自分はどんな人間だと思うか?

 

やりたい事をやってる人間。

 

 

 

9.大事にしている言葉

 

座右の銘はないし、座右の銘は要らない。

 

 

 

10.子どもたちに伝えたいこと

 

自分がなりたい人になろう。

 

 

 

11.UDNでどんな活動をしていきたいか?

 

自分が子供の頃にしてもらえた事、してくれたら良かった事を大人になった自分が今の子供達に与えたい。

特にプロサッカー選手を目指す少年少女に何かを伝えていきたい。

 

 

 

仕事の依頼・応援メッセージはコチラから。

※選手名を必ずご記入お願いします。