サッカー

鈴木 徳真選手

Tokuma Suzuki
所属・ポジション
徳島ヴォルティス MF
生年月日
1997年3月12日
身長・体重
168cm/64kg

~PLAYERS ALBUM~


 

 

~プレーヤーとしての特徴~


 

年代別代表の常連であり、2013年にはU-17ワールドカップにも出場した実力派MF。ボランチやインサイドハーフなど、ピッチ中央のエリアでのプレーを得意としている。ディフェンス面では、鋭い洞察力を生かして的確なタイミングでプレスを仕掛け、ハードなボディーコンタクトでボール奪取を狙う。オフェンス面では、向かい合う相手選手の逆を突いたファーストタッチやドリブルで局面を打開し、常に先を読んだパスワークでチームの攻撃を活性化。名門・前橋育英高校で主将を務めたことが証明するように、チーム全体をけん引するリーダーシップを持ち合わせていることも見逃せない特長だ。

 

代表歴

  • U-16日本代表

2013年 モンテギュー国際大会

カンポ・コムナーレ・リグナノ

豊田国際ユースサッカー大会

AFC U-16選手権

 

  • U-17日本代表

2013年 サニックス杯国際ユースサッカー大会

国際ユースサッカーin新潟

ヤロスラフ・イェジェク国際ユーストーナメント

FIFA U-17ワールドカップ

2014年 SBSカップ 国際ユースサッカー

バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメント

 

  • U-18日本代表

2015年 Panda Cup

CFA国際ユース(U-18)トーナメント

AFC U-19選手権・予選

 

 

~アスリートの11 my mind~


 

1.自分の出身地の良いところや思い出の場所

―「一般的な暮らしをするにはとてもいい環境」

 

僕の出身地は栃木県小山市です。地元には特に大きな商業施設があるわけでもなく、都心に近いというわけでもありませんが、落ち着いた住宅地で、一般的な暮らしをするにはとてもいい環境です。年末などに実家へ帰省するたび、いつも心が癒されます。

 

 

 

2.どんな子どもだったか?

―「いつもサッカーをして遊んでいた」

 

小学校から帰宅すると同時にランドセルを置いて、サッカーボールを持って、すぐに小学校へ戻ってサッカーをしていました。学校以外でも、家の近くのグラウンドや自宅の前で、いつもボールを蹴って遊んでいました。

 

 

 

3.子どもの頃になりたかった職業は?

―「プロサッカー選手」

 

小学1年生の時にサッカーを始めて以来、ずっとプロサッカー選手になることを夢見ていました。ちょうど2002年の日韓ワールドカップが開催されていたタイミングだったので、自分もあの舞台でプレーしてみたいと考えていました。当時のアイドルは中田英寿さんと小野伸二選手。Jリーグチップスのおまけで2人のレアカードが当たった時の喜びは今でも覚えています。

 

 

 

4.今思う、サッカー選手でなかったら、どんな職業についていたか?

―「サラリーマン」

 

平日は仕事を一生懸命やって、土日や祝日には私生活や趣味を存分に楽しんでいるようなサラリーマンになっていたんじゃないかなと思います。

 

 

 

5.逆境に陥った時、それを乗り越える方法

―「常日頃から崖の端に立つ自分を想像する」

 

よりリアルに、自分が逆境にいることをイメージするようにしています。「崖っぷち」という言葉がどうもしっくりこなかったので、テレビドラマなどで出てくるような、“本当の崖の端に自分が立っている姿”をイメージし、「この1プレーをミスしたらもうチャンスは巡ってこない」「この試合で結果を出さなければどん底まで落ちていく」と自分に言い聞かせます。僕の中では毎年、毎日が勝負の分かれ目だと思っているので、常日頃から崖の端に立つ自分を想像しています。

 

 

 

6.サッカーをしていて、最高の瞬間は?

―「試合に勝った時」

 

やはり、勝つために練習を積み、工夫をしてるので、試合に勝利した瞬間には大きな喜びがありますね。タイトル獲得が難しいリーグ戦において、2020年は徳島ヴォルティスの一員として優勝を勝ち取り、J1昇格を成し遂げられ、本当に大きな充実感を味わうことができました。

 

 

 

7.サッカー以外で自分の中で大事にしていること

―「常に成長し続けること」

 

大学2年生の頃から、成長に対する意識が高まりました。2年生に進級したあたりから、大学での授業数も増え、個人的にはサッカー以外の部分にも目を向けられる機会が多くなりました。さまざまな授業を受けて多くのことを学んでいくと、サッカーに通じる部分がたくさんあって、すごく面白くなっていったんです。だから、サッカーはもちろん、勉強面や何事においても、成長する意欲を持つことは決して失ってはいけないなと思いました。

 

 

 

8.客観的に自分を見た時に、自分はどんな人間だと思うか?

―「常に成長し続けること」

 

大学2年生の頃から、成長に対する意識が高まりました。2年生に進級したあたりから、大学での授業数も増え、個人的にはサッカー以外の部分にも目を向けられる機会が多くなりました。さまざまな授業を受けて多くのことを学んでいくと、サッカーに通じる部分がたくさんあって、すごく面白くなっていったんです。だから、サッカーはもちろん、勉強面や何事においても、成長する意欲を持つことは決して失ってはいけないなと思いました。

 

 

 

9.大事にしている言葉

―「意志あるところに道は開ける」

 

中学時代の恩師にもらった言葉です。この言葉のとおり、僕はずっと意志を持ち続けてきたからこそ、ここまでの結果を得ることができました。この言葉とともに、自分の夢や目標を毎日確認することも欠かさないようにしています。

 

 

 

10.子どもたちに伝えたいこと

―「あきらめないこと」

 

一度ぶっ倒されても、さらにもう一度ぶっ倒されても、何度もでも立ち上がってチャレンジし続けてほしいと思います。あきらめた瞬間に将来が決まってしまうような気がするので、それぞれが持つ夢や目標を成し遂げるため、この先もあきらめずに続けてください。

 

 

 

11.UDNでどんな活動をしていきたいか?

-「サッカーを通じて多くの人々を喜ばせたい」

 

サッカー選手としての価値を証明したいと思っています。そのためにも、サッカーを通じて多くの人々を喜ばせたい。例えば、災害などで困っている方を支援すること、サッカー教室を開催して少年少女を笑顔にすること。どんなことでもいいので、サッカーを通して、関わるすべての人がWIN-WINになれる関係を作っていきたいと思っています。

 

 

 

仕事の依頼・応援メッセージはコチラから。

※選手名を必ずご記入お願いします。