「#つなぐ」プロジェクト 子どもたちへのマスクなどの支援品の配布活動を実施

「GIVE a DREAM-アスリートの想いとともに-」

 

UDN SPORTSは、大竹風美子選手/サニブラウン アブデル ハキーム選手/楢󠄀﨑智亜選手/橋岡優輝選手/長谷川唯選手/湯田葉月選手ら所属選手ら自身が、新型コロナウイルスの第三波による影響下の中で、自らできることを考え選手間で話し合い、次世代の子供達へ選手自身の想いを伝えたいという考えにより、2020年5月に立ち上げた「#つなぐ」プロジェクトの一環として上記6名の選手による全国の子どもたちへの支援活動を2021年1月20日(水)より開始します。

 

2020年に立ち上げた「#つなぐ」プロジェクトは、新型コロナウイルスにより多大な影響を受けている日本において、全国の学童や医療従事者、各選手の縁のある地域の方々へマスク20万枚とUDN Foundationの活動の証であるリストバンドと選手のメッセージ入りレターを配布すると共に、選手からのメッセージムービーの配信やファンと交流を図るオンラインイベントなどを展開いたしました。今回の活動では上記6名の選手の各出身校の在校生および職員様全員に対してマスクとリストバンド、メッセージレターなどを配布いたします。

このプロジェクトには、新型コロナウイルスの第三波の影響がある日本にて今まで普通に繋がっていた人たちと直接的に繋がれなくなってしまった人たちの心のつながりをもたらしたい、一過性のものではなく、こういった支援の輪がつながり広がっていくようにとの想いが込められています。

 

参考情報:寄付先について

 

 

 


選手コメント

 

大竹風美子選手

今回、このようなコロナ禍で、大変な思いをしている母校の子どもたちに、マスクを配布させていただくことになりました。これからも、少しでも皆さんにスポーツの力で明るいニュースを届けられるよう頑張っていきたいと思います。

 

 

サニブラウン アブデル ハキーム選手

このような状況の中、お世話になった母校の生徒たちに対して何かできることはないか自分たちで考え、

マスク、リストバンド、メッセージレターを配布することにしました。

このような支援の輪が広がっていくことを祈っています。

 

 

楢󠄀﨑智亜選手

大変な思いをしている方がたくさんいる中、アスリートとして何ができるか考えました。

結果を出して明るいニュースを届けることもそうですが、このような支援活動など、自分にできることから積極的に取り組みたいと思います。

 

 

橋岡優輝選手

満足に活動もできていない母校の生徒に対して、アスリートとしてこのような支援ができることを嬉しく思います。

社会全体に支援の輪が広がり、明るいニュースを届けられればいいなと思います。

また、自分自身でも発信をして積極的に活動していきたいです。

 

 

長谷川唯選手

自分がお世話になった母校の生徒たちに何かできないか考えました。
アスリートが中心になってマスクやリストバンドなどを寄付し、少しでも皆さんとのつながりを意識できればと思います。

 

 

湯田葉月選手

母校の子供たちがこのような支援活動でアスリートたちとのつながりを感じ、喜んでもらえると嬉しいです。

今後も社会に対して自分にできることは何か考えて活動していきたいです。

 

 


 

これまでの、「#つなぐ」プロジェクトUDN Foundationの活動はコチラから確認していただけます。

https://www.udnsports.com/foundation/

 

【UDN Foundationとは】

所属選手らの“応援してくれるサポーターやファン、そして自分を支えてきてくれた社会に恩返しをしたい”という想いを受け、「アスリートが、社会を変える。あなたと変える。」をコンセプトに、アスリートが社会貢献をしてゆくプラットフォームとして2019年5月に設立いたしました。チャリティ活動や競技の盛り上げや地域活性のためのグラスルーツ活動や大会の開催などを行ってまいります。

 

引き続きよろしくお願いいたします。